トップページ > 学校案内> 学校経営計画 

学校経営計画

教育目標

インクルーシブ教育システムの理念に基づき,児童生徒一人一人のニーズに応じた教育を行うことにより,自己のもつ能力や可能性を高めるとともに一人一人の「生きる力」を培い,自立と社会参加ができるよう,特別支援教育の一層の充実を図る。

校訓

明るく 清く たくましく

目指す学校像

  1. 児童生徒一人一人の可能性を高め,個性と人権を大切にする学校
  2. 児童生徒と教職員の笑顔があふれる安全で安心な学校
  3. 児童生徒が主体的・協働的に授業に取り組み,自己実現できる学校
  4. 児童生徒が思いやりや豊かな感性・情操を育むことのできる学校
  5. 地域,保護者,関係機関等と教職員が連携・協働できる魅力ある学校

目指す教師像

  1. 豊かな人間性にあふれ,児童生徒・保護者に信頼される教師
  2. 児童生徒が主体的・対話的・深い学びができる状況や環境を常に考える教師
  3. 自己研鑽に励み専門性や指導力を高める教師
  4. 尋ね合い,確かめ合いができ,コミュニケーション力・協調性・表現力に優れる教師
  5. 明るく積極的で行動力があり,新しいことに挑戦する教師

教育方針(中期的展望を踏まえて)

  1. 児童生徒が安心して教育活動に取り組める教育環境を充実させるとともに,児童生徒が防災等について主体的に取り組めるよう,教職員の危機管理意識・リスクマネジメント能力を高める。
  2. 教職員一人一人が障害者の人権について高い見識を持ち,共生社会の実現に貢献する。
  3. 児童生徒一人一人のニーズを的確に把握し,個別の教育支援計画や個別の指導計画を活用し,専門性の高い授業を展開し,児童生徒の「生きる力」を培う。
  4. 特別支援教育コーディネーターを中心に,地域の特別支援教育のセンター的役割を担い,相談機関としての機能の充実を図るとともに,地域理解・貢献事業等を推進し,地域とともにある学校づくりを強化する。
  5. 児童生徒に対する円滑な支援を行うために,労働,医療,教育,行政,福祉等の関係機関と連携し,顔が見える関係づくりに努める。
  6. 学校間交流,居住地校交流・スポーツ交流など交流および共同学習を積極的に推進し,障害のある児童生徒と障害のない児童生徒の相互理解を促進するとともに,社会性や豊かな人間性を養う。
  7. 学部間及び寄宿舎指導の系統性を重視し,将来の家庭生活や社会生活につながりのあるキャリア教育の充実を図るとともに,児童生徒一人一人の進路先を見据えた進路指導を展開する。
  8. 学校評価の目標・結果を学校評議員や保護者等とともに確認・精査し,具体的な改善策を企画提案し,実践することにより,保護者・地域から信頼があり,地域に開かれた学校づくりに努める。
  9. 高等部卒業後の日常生活の質的な向上を目指すため,生涯学習につながるようなスポーツ・文化的活動等に積極的に参加し,余暇活動の充実や地域のコミュニティーに参画する。

平成30年度の重点目標

児童生徒,保護者や地域に信頼される安全・安心な学校づくりの推進

  • 実践的防災教育総合支援事業等により防災教育の充実に努め,児童生徒のセルフケア能力の向上
  • 医療的ケア対象の児童生徒数の増加への安全な対応(看護職員・保護者・医療等との連携)と健康の推進
  • 一人一人に応じた緊急時医療訓練の実施によるリスクマネジメントの強化
  • 障害者の権利や合理的配慮等を踏まえた教育活動の実践と普及・推進
  • コンプライアンス推進委員会や人権啓発推進委員会の活性化を図り,教職員の非違行為の絶無と,いじめ,体罰,虐待のない学校づくりを追及

学校の教育力と児童生徒の学力の向上,健康の推進

  • 大学と連携した自立活動等の授業の改善による専門性の向上
  • 社会に開かれた教育課程,年間計画,個別の指導計画等と結びつきのある授業実践
  • 新学習指導要領を視野に入れた主体的・対話的で深い学びを実現するための教職員のチームワークの向上とOJTによる授業研究の推進
  • ICT活用を生かした授業の充実と効果的な活用による学力の向上
  • 校内授業改善アドバイザーや外部専門家,小児リハを活用した自立活動の充実による健康の推進

児童生徒一人一人の将来の夢や願いを実現させる進路指導の充実

  • 卒業後の生活を見通した児童生徒一人一人の「自立と社会参加」につながる指導内容の工夫と学部間及び寄宿舎指導の系統性を踏まえたキャリア教育の推進と充実
  • 関係機関との連携・強化を深め,個別の教育支援計画を効果的に活用し,一人一人に応じた進路指導や生徒指導の実施
  • 児童生徒の主体的な進路選択につなげるための中学部からの職場体験,企業や福祉施設の見学,高等部における現場実習系統的・計画的な実施

地域の特別支援教育のセンター的機能の充実と交流及び共同学習の推進

  • 肢体不自由や発達障害に関する保幼小・中・高等学校への巡回教育相談の推進と「専門家派遣事業」等への積極的な取組
  • 個別の教育支援計画を活用した「キッズ・リハ手帳」の利用促進と関係機関と連携した就学時や転入学時の支援連携や校内支援会議の充実
  • 地域交流や学校間交流,居住地校交流,スポーツ交流の計画的な実施による,社会性や豊かな人間性の向上
  • 地域理解・地域貢献活動による地域とともに歩む学校づくりの推進

心と体を育むスポーツ・文化活動の推進

  • 児童生徒の作品などの校内展示や,校内作品展を開催する際の「見せる工夫」による児童生徒の創作意欲の喚起
  • 茨城県高等学校文化連盟特別支援学校部会の活動への計画的な参加と高等学校との交流
  • 実態に応じた様々な障害者スポーツを取り入れた体育や部活動指導の充実(対外試合等)による全スポ・東京パラリンピックに向け強化
  • 標語,詩歌,書道,写真,ポスターや絵画展,芸術祭や音楽祭等の文化・芸術的活動への積極的な参加と感性・情操教育の推進

学校グランドデザインについて

詳細については,PDFをご覧ください。
平成30年度 茨城県立水戸特別支援学校グランドデザイン(PDF:170KB)

閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要となります。
Adobe Acrobat Reader はAdobe社のウェブ・サイトより無料でダウンロードできます。
acrobat reader


 

住所

〒310-0845
茨城県水戸市吉沢町3979
TEL 029-247-5924
FAX 029-248-6704

E-mail
koho@mito-sn.ibk.ed.jp
 
 
COUNTER108309
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸特別支援学校